45歳をすぎた私の育毛対策・薄毛体験記

子どもの頃、母の友人で、「髪の毛が薄くなってきたから、かつらを作ってきたのよ」と、わざわざ見せに来てくれたおばさんがいました。
子供ながら、「病気とかで抜けちゃったのかな。かわいそうだな」と思った事を覚えています。その頃、ドラマかなにかで、闘病中に毛が抜けてしまった女性のお話を見た事があったので、そう思ったのでしょう。
しかし、そんな事はすぐに忘れて、自分も成人し、結婚し、出産をしました。一人目は変化は無かったのですが、二人目を生んだ後の事。
なんだか、前髪が薄くなったような・・・・。

しかし、日々の忙しさで髪の毛の事を心配する暇も無く月日は経ちました。
その子供も小学校に上がり、学校の宿題で「自分の赤ちゃんの時の写真」が必要になったので
その頃の写真を探して驚きました。自分の前髪の薄さに!まるで、前髪を眉毛の上で切り、それにシャギーを入れたような髪形になっていたのです。

そんな髪型にした覚えは無いので、やはりそれは出産後の抜け毛によるものだったのでしょう。
ただ、その抜け毛何もしなくてもすぐに元通りになったようで、それもあまり記憶に残ってはいませんでした。
しかし、そんな私にもとうとう目を背けることの出来ない恐ろしい現実が。
なんだか、全体的に髪の毛の張りがなくなってきたなと思い始め、なんとなく、雨が降ったときに頭皮に直に雨粒が当たるなと感じるようになり、そして先日、子供がふざけて撮った写真には 頭皮が薄くすけたように見える私の頭頂が写っているではありませんか。
あまりの衝撃に、すぐに薬局に走り、薄毛対策用のローション、ブラシなどを購入して暇さえあれば頭のお手入れをするようになりました。

体の中からの対策として中医学的に補血作用があり髪の毛に良いとされる、レーズン、いちじく、イカ、黒ゴマなどを積極的に食べるようにして、早寝早起きをする、体を動かす、目を酷使しないなどの対策も取り入れました。
努力する事数ヶ月、気のせいかなと思うくらいですが、うっすらと毛が増えたような(頭頂のすけが見えなくなってきたような?)気もします。

しかし、気のせいかなと思うくらいなので、まだまだ努力しないといけません。
育毛剤の選び方を研究して、育毛の努力の結果が出るのは気が遠くなる程先かも?と思う今日この頃、なんだか女性用カツラのCMがとっても気になります。
子どもの頃に驚いた、あのおばさんのかつらはこういう事だったのか!と、45歳を過ぎた今、ようやく身をもって理解したのでありました。